水面に向かって石を投げて、投げた石が水面を何度も跳ねて、より遠くに飛ばすのを競ったことが男なら大概あると思うんだけど、あれって投げた石の水面に対する角度が重要でしょ、あれと同じでクライミングを初める時にその傾斜に対して入っていく角度が重要なんですよね!、大概初心者の人は大きくずれてますね、クライミングはホールドに対しても勿論だけど、壁の傾斜に対しても体の向きを合わせないとうまくいかないんですよ、だから、まずホールドに対して体の向きを合わせるって言ってたとき、そこに壁の傾斜って言うものが、同時に関係していたんですね。この二つ(勿論ホールドに手のむきを合わせるっていうのも入れれば三つだけど)の関係が合っていると、実にロスが無く上れるんですよ、エナジーのトップロープの70度のスラブに入りやすい角度が張ってあるので、確認してみてね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック