なんか、辛いときの表情が笑っているように見える人っているじゃあないですか、本来の状況と、表情が一致しない人って不幸かもね、っていうか誤解されるから、そんだよね~。本人はいっぱいいっぱいなのに、笑っているように見えて、「なんだまだ余裕じゃあないか」なんて思われてさらに追い討ちをかけられてしまったるするでしょ、ほかにも怒ってないに怒っているように見えたり。反対に普通にしてるんだけど、微笑んでいるように見えたり、こんなんで人生けっこう違ってくるよね~、あれって訓練でなんとかなるのなね。

この記事へのコメント

chaco
2005年10月29日 09:59
わたしは、とーっても健康なのに「ぐわいわるそう」に見られることが多く「仮病の女王」になれるんではないかと思うくらい「先生(又は部長)、体調が悪いので帰宅してもいいですか?」がすんなりと信じてもらえておりました。これってかなり得なことが多かったかも(笑)、、て、とこで、どうもお久しぶりデース。懲りずにシドニーでボルダってます。でも、相変わらず進歩なしです。(涙)

この記事へのトラックバック