なんか疲れると美味しいもの食べたくなるよね~、美味しい、美味しくないは本人の感じかただろうけど、これは小さいころに何を食べたかで、嗜好が決まってくるよね。だから当然その国の食文化が強く影響する訳だよね、だけどこれとは別で、良薬口に苦しみたいな、まずくてもよしとする様な味覚ってあるでしょ、「まずくて効きそう!」みたいなの。これもたぶん食文化が影響すると思うんだよね、だってジャンクフードばっか食べてて青汁が普通に飲めるようになるとは思えないもんね、今はどんどん薬でもぬってしみないとか、苦くないみたいな物ばっかり増えてて、いろんな意味で弱くなってるよね、昔は親にまずいと思っているもんでも無理やり食べさせられたもんだよ、私は子供のころコンニャクと塩辛がとっても気持ち悪くて食べられなかったんだけど、おやじに無理やり食べさせられて食べられるようになったんだよね。なんかまずくてもよしとするような味覚って大事なような気がするな。これって「これは体にいい」みたいな動物的な感覚なんだろうね。まあ動物は薬草なんかをどう思って食べてるのか知らないけど、だからね!結局、美味しいものは何なのかっていうと、その時食べたいものだと思うんだよね。味の素かけちゃだめだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック